【三浦七福神第3番】海南神社(筌龍弁財天)

 

祭神は、三浦開拓の祖「藤原資盈」で、天元5(982)年に社殿を造営し、その後、江戸時代に「三浦総鎮守」となった。

境内には源頼朝、手植えの大銀杏(樹齢800年)があり、また、三浦大介義明が源平合戦に臨み、神意により頼朝に味方したと伝わる。

 

年間の神事としては、正月15日の「チャッキラコ(平成21年9月、ユネスコ無形文化遺産に登録)」、4月下旬の「食の神祭典」、6月の「八雲祭」、7月の「夏の例大祭」の「お練り獅子(市文化財)」、11月には「面神楽(市文化財)」がおこなわれる。

基本情報

 

名称

海南神社

営業時間 

 

定休日

 

住所

三浦市三崎4-12-11

電話番号

046-881-3038

料金

 

駐車場

 

アクセス

京急バス「三崎港」バス停より徒歩5分

送迎  
トイレ  
子どもの利用  
ペット  
京急「みさきまぐろきっぷ」  
予約  
その他

 

WEBサイト http://www.miura7.com/3kainan.htm

マップで見る