自然景観・景勝地

関東地方で唯一の自然環境と言われる森林、湿地、干潟や、貴重な生態系の中を散策できます。

夏はアジサイ、秋にはハチジョウススキ、冬はヤエスイセンが咲き誇ります。冬は、ウミウ、ヒメウ、クロサギが飛来します。

橋の上からは、東に房総半島、南に伊豆大島、西に富士山が一望できます。夕暮れ時には夕日に染まる大橋が美しいです。


 城ヶ島西端の長津呂崎にある灯台は、標高約30mの崖上に建っています。

城ヶ島東端の岩場に建つため、灯台周辺からは房総半島が一望できます。

「かながわの景勝50選」剱埼の断崖の上にあるため、高台からの眺めが素晴らしく、房総半島まで見渡せます。


長い年月をかけて海からの浸食でできた、海蝕洞穴です。 神秘的な自然の造形美を楽しめます。

海と自然に囲まれた公園で、富士山や伊豆大島を観ることができます。車やロードバイクでの来場も便利です。

 

2月から3月にかけては、早咲きの河津桜の「桜まつり」が開催され、多くの人で 賑わいます。


三浦半島に残った天然の小さな干潟です。 ヨシやアマモの群落が発達しているほか、水鳥や多様な生物を見ることができます。

三浦市の西海岸線沿いの写真撮影スポットです。 係留しているヨットと、富士山を同時に眺められるところも人気です。

「かながわの景勝50選」静かな湾と深い緑が美しく、 奥まった場所にはヨットハーバーが整備されています。


遮るもののない景観が広がっていて、天気の良い日には、遠く伊豆大島まで眺めることができます。

「かながわの景勝50選」追いつめられた盗賊が足がすくみ、捕えられたことから「ぬすっとがり」と名付けられました。

遠くには富士山が見える一方、人が作った建物などが一切見えない、三浦半島随一の絶景が楽しめます。