三浦半島まるごと博物館連絡協議会主催「とっておきツアー」


三浦一族の歴史と「新井城址」、「笠懸」の見学


1.概 要

 鎌倉時代を中心に栄えた三浦一族について「歴史講座」を聴講し、その後、三浦一族終焉の地「新井城址」、「三浦道寸慰霊碑」砂浜を疾走する「笠懸(かさがけ)」を見学します。(徒歩行程約2キロ)

「笠懸」は、「流鏑馬(やぶさめ)」や「犬追物(いぬおうもの)」と並ぶ、わが国三大古弓馬術の一つです。

 

2.日 時 令和元年5月26日(日)9時30分〜14時(雨天中止)

    ・9時30分〜10時30分 『歴史講座』(「油壺会館(アオラ)」にて)

    ・10時30分〜11時30分 「三浦道寸慰霊碑」〜「新井城址空堀」

    ・11時30分〜12時15分  昼食(弁当持参)

    ・12時15分〜14時    「笠懸」見学

 

(「油壺会館」・三浦市三崎町小網代1257-10 電話046-882-6543

 ※京急「三崎口」駅のバス停1番乗り場から「京急油壺マリンパーク行き」のバスに乗車し、「シーボニア入口で下車。進行方向の信号角です。

※「三崎口駅」発9時10分のバスが便利です。

 

3.募集定員 40名 (5月16日(木)までに申し込み)

4.参加費 500円 (保険料・資料代など)

5.持ち物 弁当・飲料、筆記用具、など

6.申込み・問合せ みうら観光ボランティアガイド協会 岩口まで

          電話&ファックス:046ー874ー7268

          E-mail: excecion0319@yahoo.co.jp

 

実施団体:みうら観光ボランティアガイド協会&緑の油壺を守る会