令和3年度 三浦市内 海水浴場について&「神奈川版緊急事態宣言」の施行に伴う海水浴場利用のお知らせ



 新型コロナウイルス感染症のまん延が収束していない状況にありますが、三浦市内の海水浴場については、三浦海岸、荒井浜及び和田の3海水浴場が開設されました。

 

 一方、大浦及び横堀の海水浴場については、昨年に引き続き開設を見合わせることとなり、海の家は設置されません。なお、海水浴場組合をはじめ、関係行政機関等で組織する「三浦地区海水浴場対策協議会」では、海水浴場の利用方法などについて、神奈川県の「海水浴場ルールに関するガイドライン(令和3年度版)」を参考とし、誰もが安全・安心して利用できる海水浴場とすることを念頭に、安全対策及び新型コロナウイルス感染症対策等について協議を行い、「三浦市海水浴場ルール(令和3年度版)」を作成しました。 

 

ダウンロード
三浦市海水浴場ルール(令和3年度版)
r3kaisuiyokujo.pdf
PDFファイル 1.8 MB

 また、今年、開設を見合わせた海岸についても、協議会において必要に応じた安全対策を講じてまいります。

 

[開設期間]

・三浦海岸海水浴場:7月22日(木曜日)から8月31日(火曜日)まで

・荒井浜海水浴場:7月16日(金曜日)から8月31日(火曜日)まで

・和田海水浴場:7月2日(金曜日)から8月31日(火曜日)まで

 

「神奈川版緊急事態宣言」の施行に伴う海水浴場利用のお知らせ

 

 神奈川版緊急事態宣言の施行に伴い、7月22日から当面の間、海水浴場の利用に際しては、次の新型コロナウイルス感染症の感染防止対策にご留意願います。

1 海水浴場利用後は、寄り道をせずに帰宅してください。

2 海水浴場を含む海岸での飲酒はお控えください。

3 距離をあける、密集をさける、咳エチケット」を遵守してください。

各海水浴場の最新情報は、こちらからご覧ください。